<< 四神壁画、初の勢ぞろい=明日香村のキトラ古墳−奈良(時事通信) | main | キトラ壁画の保存管理場所決まる(産経新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.05.29 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「官僚答弁だ」患者落胆 厚労相、B型肝炎原告団と面会(産経新聞)

 集団予防接種の注射器使い回しでB型肝炎ウイルスに感染したとして患者らが全国10地裁で国を訴えている集団訴訟で、長妻昭厚生労働相は18日、東京都内で原告団と初めて公式に面会した。原告団は原告全員の救済や早期解決を要望、裁判所外での直接協議を求める要請書を手渡したが、長妻厚労相は「裁判所を仲介として誠実に対応していきたい」と従来の見解を述べるにとどまった。

 面会は3月12日の札幌地裁の和解勧告以降、原告団が再三要求していたもので、この日は全国から原告団・弁護団約40人が出席。全国原告団代表の谷口三枝子さん(60)は「国は一日も早く被害者を救済しようという姿勢が見られない。大臣が言う『責任ある回答』を早く聞きたい」と述べ「一日も早く国の謝罪の言葉を聞き、原告全員が救済されることを願っている」と涙ながらに訴えた。

 長妻厚労相は「皆様から聞いた話を首相や閣僚に報告し、内閣で共有していきたい」と返答。その後面会は非公開となったが、原告団によると、長妻厚労相からは原告団の要求に対する回答はなく、謝罪やいたわりの言葉もなかったという。出席者からは「まるで官僚の答弁だった」などと落胆や憤りの声が漏れた。

 長妻厚労相は面会後、「重大な問題として理解しているので、誠実に協議に臨んでいくと原告団に申し上げた」と述べる一方、「(原告団は)一刻も早い解決を望んでいるので、私の発言には納得していなかったと思う」とも話した。

【関連記事】
「気持ちや要望伺いたい」長妻厚労相、今夜B型肝炎原告団と面会へ
B型肝炎訴訟、福岡地裁も和解協議入り 国、具体案示さず
B型肝炎訴訟 救済範囲、賠償額…道のり険しい全面和解
B型肝炎訴訟 「長男成人するまで生きられるか」救済策一刻も早く
内閣支持率19.1%「国民がいらだちを強めておられる」
中国が優等生路線に?

<羽田空港>長ーい新駅名に 東京モノレールと京急(毎日新聞)
舛添氏がみんなの党を批判 渡辺氏も反論(産経新聞)
ヘリ部隊500人を徳之島に移転=九州各地でローテーションも−官房長官が打診(時事通信)
大阪府警運転免許課主任が酒気帯び、事故起こし逮捕(産経新聞)
<放鳥トキ>ひな誕生した可能性 餌を与える仕草(毎日新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.05.29 Saturday
  • -
  • 12:20
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカードのショッピング枠を現金化
クレジットカード現金化
日本ダービー
総量規制
ショッピング枠現金化
債務整理
無料 ホームページ
NHKマイル
selected entries
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM